蜂の駆除業者

オオハキリバチの特徴

成虫の体長は約22~25mm。体色は全体が黒く、胸はうす黄色い毛に被われる。翅は薄茶色で付根の部分が透明。頭は丸く大きい。熟令幼虫の体長は約30mmで、黄白色です。

参考画像

生態

日本全国に生息。本種は日本に生息するハキリバチの仲間で一番大きい。葉を切り取って巣を作ることからハキリバチと呼ばれるが、オオハキリバチは葉を巣の材料としない。竹筒や木材の穴の中にマツやスギの樹脂を使って巣を作る。その中に花粉と蜜を混ぜた団子を入れ、卵を産み幼虫の餌とする。そして、乾燥しないように木のヤニと木くずを混ぜたもので壁を作り部屋にする。外壁のすき間や古い建物の柱などでよく見かける。 主に花の蜜と花粉に集まる。性質はおとなしく、不用意に捕まえたりしない限り刺すことはない。

備考

オオハキリバチは花の蜜を食べる蜂です。性格は、温厚で毒性も強くありませんがスズメバチのように人を襲うことはほぼなく危険性がほとんどないと言っても過言ではありません。しかし、この蜂が厄介な害虫となるケースがあります。例えば、住宅に営巣してしまった場合です。
オオハキリバチは、既に空いている穴や筒などを利用して営巣します。竹の筒や他の虫が空けた穴などで民家には自然にできたもの以外にも筒状の穴が空いていることがあります。例えば、エアコンの本体から排出するパイプや隙間を埋めるためにコーキングしている部分でコーキングが切れている部分を大きくするどいアゴを使って木造家屋に穴を空けることもあります。そのため、オオハキリバチが家の木材に穴を空けてしまうケースも十分考えられます。また、コーキングに穴を空けられてしまうと、そこから雨水や外気、害虫などが家に侵入する原因にもなります。同様に、壁に穴を空けられれば雨水で壁材が湿気てしまったりシロアリの侵入口となることがあります。このように住宅を劣化させるという被害をもたらす可能性はあり巣に適した穴を求めてやってきたオオハキリバチが人間の耳や鼻の穴に入り込んできたというケースもあります。



地域案内
大津市 甲賀市 湖南市 草津市 栗東市
彦根市 米原市 長浜市 高島市 東近江市
守山市 野洲市 近江八幡市

蜂に関するトラブルや被害についてハチや害虫の駆除をご希望でしたらご気軽にお問い合わせ下さい。電話相談も実施中


蜂の駆除総合サポート受付