蜂の駆除業者

マルハナバチの生態

マルハナバチは、土中に巣を造り1年性の生活しを送っています。日本では、春から秋にかけて高地や寒冷地で見かけることができます。

参考画像

毒性

穏やかな性質であって積極的に人を刺すことがほぼない。刺激をすると刺すことがありますが毒性は弱い。それでも刺されるとかなり痛むとわれています。

備考

セイヨウオオマルハナバチは、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(以下、外来生物法という。)」によって特定外来生物に指定されています。この法律に基づき施設栽培農家は、この蜂を使用するために環境大臣の許可を受ける必要があり使用に際して蜂が施設から逃亡しないようにネットを展帳することと使用後に巣箱を処分することが義務付けられています。一方で、この指定に伴って在来種を商品化したクロマルハナバチへの代替が進んでいます。



和歌山市 橋本市 有田市 岩出市
和歌山県出張対象地域
海南市 紀の川市 御坊市 新宮市 田辺市

蜂の被害でお困りでしたら電話相談も承ります。


蜂の駆除総合サポート受付