蜂の駆除業者

キバチとは

膜翅目キバチ科に属する昆虫の総称。中~大型の蜂で,体は円筒形で腹部の基部にくびれがない。触角は糸状または棒状で頭部は胸部と同幅。腹部は長く腹端に角状の突起があり,雌は長い丈夫な産卵管をもちこれを樹幹に突刺して卵を産むがそのまま死ぬものが多く,その様子がちょうどハチが一本脚で立っているようにみえるので独脚蜂とも呼ばれる。幼虫は白いS字形の円筒状で胸脚は痕跡的で腹端に角状突起がある。樹勢の衰えた樹木や枯死したばかりの樹木に寄生し材部に穿孔して食害する。日本にはヒラアシキバチ,オナガキバチ,ニトベキバチなど十数種が知られている。

参考画像

産卵と被害

ニホンキバチやヒゲシロキバチの雌は体内にアミロステリウムという共生菌をもっていて産卵のときにこの菌が材内に持ち込み、その菌の繁殖によって材の表面にかすり模様の変色を生じて材の中にも帯状の変色部ができます。
オナガキバチはアミロステリウム菌を持っていませんが他のキバチの菌を利用していると思われます。通常は、健全木には産卵しませんが、衰弱木に隣接していたり虫密度が高くなったときは、健全木でもおかまいなく産卵しますので、産卵されれば変色を生じて被害がでることになります。雌は、交尾しなくても産卵できますので始末におえません。
幹の周囲に何カ所も産卵されると、変色帯がたくさんできて、木口に星形のような模様となって目にみえてきます。健全木の被害部位は、地上から2m~4mの間が圧倒的に多く、このような変色のある材は取引の上では嫌われ、材価に影響をおよぼしているものと思われます。しかし、キバチの被害材は強度的には健全木と変わらず、材の変色は材の強度に影響しない事が確かめられましたので、利用上は問題ありません。

木材腐朽菌の胞子とともに、卵を材中に産みつけます。幼虫は、菌により変色したマツ、スギ、モミ、ヒバなどの辺材を食害します。成虫を見るのは、夏から秋にかけての産卵期。ドリルのような産卵管を持ち、木材以外にも、ガスの鉛管や塩ビの水道管に穴をあけることがあります。

被害防除

キバチ類による被害防除は、成虫の密度低下をはかることがもっとも効果的であり、その方法としては次のことが考えられます。
上記の、加害を受けやすい条件を減らすことが大事です。



出張対応地域紹介(一部)
京都市
右京区 上京区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
神戸市内出張対応地域紹介
神戸市 須磨区
垂水区 長田区 灘区 東灘区 兵庫区
堺市内出張対応地域紹介
堺市 堺区 中区 東区 美原区

当社では、電話相談も承っております。害虫の被害でお困りの時には、ご気軽にお問い合わせ下さい。


蜂の駆除総合サポート受付